布引ハーブ園 展望エリア


山麓駅からロープウエイで登ります、往復チケットを購入すると中間駅⇔山頂駅が何度でも往復可能です。

約10分間、全長1460mもの優雅な空中散歩です。
360度ガラス張りなので見晴らしが抜群!

間もなく布引の滝が見えてきます。

和歌山県那智勝浦町の那智滝、栃木県日光市の華厳滝とともに三大神滝とされ、日本の滝百選に選ばれている。

平安時代の歌物語『伊勢物語』や歴史物語『栄花物語』をはじめ、古くから宮廷貴族たちが和歌に詠むなど多くの紀行文や詩歌で紹介される文学作品の舞台となっている。
生田川下流流域には、布引の滝を詠んだ和歌にちなんで名付けられた地名がある。

布引の滝のしらいとなつくれは絶えすそ人の山ちたつぬる(藤原定家)

抜き乱る人こそあるらし白玉の間なくも散るか袖のせばきに (在原業平)

布引ダム – 日本最古のコンクリートダム(国の重要文化財)、布引貯水池

風の丘芝生広場からフラワー園の花々越しに、遠く海まで風景が続きます。

ハーブ園内のグラスハウス内に、軽食やデザートが楽しめるカフェ。

天気の良い日は神戸市街を一望する屋外のガーデンテラスでゆったりとお寛ぎ。

ロープウェイで山頂駅まで到着すると、待っているのが展望エリア。
標高400mもの高さから見る神戸の街並みと神戸港。

蝶の群舞が出迎えてくれました。

ラベンダー、カモミールを中心としたハーブの栽培を行っており、緩やかな坂を下りながら、もしくは上りながら神戸の全景とともに香りを楽しむことが可能。

展望レストハウス

神戸グリーンショップ – ハーブを生かしたアイテムや、ステンドグラスなどの内装品、贈答用菓子などを販売する店舗(1階)

レストランハーブガーデン – ハーブをテーマにした料理が堪能出来るレストラン(2階)

ローズマリールーム – 会議室。
一般にも貸し出され、各種セミナーが開催される。

ローズシンフォニーガーデン

約60種のローズが香るガーデン。

イングリッシュローズをメインに、品種ごとに変わる色・形とりどりのローズが楽しめます。

イングリッシュローズ 「グレイス(Grace)」

「Grace」とは、品位・優雅・優美と言った意味を持つ。
その名の通り優雅な花様を持っており、絶妙なネーミングである。

ハイブリット・ティなどは花が開ききると崩れてしまうものが多いが、グレイスからは開き始めから開ききった姿までその品位を感じることができる。

色はアプリコットイエローとでも呼べばよいのか、美しい黄色である。
寒くなると縁にピンクをまとう事もある。

随所にハンモックがありいつでもくつろげる。

クレマチスも咲いています。

ボリジは、透明感のある青い星形の花が印象的な一年草。

白い毛に覆われた葉や茎には、キュウリのような香りがあります。
古くは、気分を明るくして勇気を与えてくれる薬草と考えられていました。

1980年代に、タネから得られるオイルには健康によい必須脂肪酸のガンマリノレン酸が約20%も含まれることが確認され、高価な月見草オイルの代用品として使われています。

ストエカスラベンダー エンゼル

花穂の先端に「ウサギの耳」のような飾り包がつくのが特徴。株の性質は生育旺盛で育てやすいものが多くカンファー臭の強い香りがする。四季咲きだが春が一番咲きやすい。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!