なら瑠璃絵 東大寺 夜間特別拝観


南大門(国宝)
平安時代の応和2年(962年)8月に台風で倒壊後、鎌倉時代の正治元年(1199年)に復興されたもの。

上層の正面中央には「大華厳寺」と書かれた扁額が掲げられている。

これは古い記録にそのような扁額があったと書かれていたことに基づき、2006年10月10日に行われた「重源上人八百年御遠忌法要」に合わせて新調されたもの。

木造金剛力士像(国宝)もライトアップされている。

闇に浮かぶ中門(重要文化財)と金堂(大仏殿)(国宝)。

観相窓を開扉されライトアップされた金堂。

ズームアップ。

なら瑠璃絵でじっつされている夜参り提灯の皆さん。

金剛力士像の右足、力強さを感じる。

金剛力士像の左足。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

なら瑠璃会2018


~しあわせ回廊~なら瑠璃絵は、早春の2月に奈良を代表する三社寺(春日大社、東大寺、興福寺)を幻想的な「光の回廊」でつなぎ、美しく神秘的な瑠璃絵の世界を演出します。

ここ奈良春日野国際フォーラム甍では庭園イルミネーションが幻想的で神秘な空間を体感できます。

凛と冷えきった冬の空気に、染みわたるような青い光が輝く。

いつまでも瑠璃色の星が美しく輝くようにとの願いが込められています。。

画像は無料ゾーンから撮影したものですが、有料でイルミネーションの中を歩くこともできます。

きれいさに寒さを忘れていたが、奈良の冬は冷え込みます、そそくさと次の会場へ向かう。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!