無鄰菴


無鄰菴は山縣有朋の別邸で七代目小川治兵衛の作庭。

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、当面の間無鄰菴の入場につき、事前予約制となっている。

名前の由来はこの草菴に隣家がないことによる。

あるいは『論語』「徳不孤必有鄰」 “徳は孤ならず、必ず隣あり” にあるかもしれない。

心地よいせせらぎを響かせる「流れ」。

実は琵琶湖から引かれたお水です。

皇居が東京に遷り、経済の衰退をたどる京都を活性化させようと行われた明治の大公共事業、琵琶湖疏水開通。

それに政治家として関わった有朋は、この地で最初に別荘を築き、疏水の水を直接引き入れました。
サイフォンの原理を使って滝口まで持ち上げる治水方法は現在もそのまま利用されています。

無鄰菴に疏水を引き込む際、「防火用水」の名目が使われている。

琵琶湖疏水の建設には多額の税金が掛けられているため、京都市としては「庭園のため」では許可出来なかったためである。

洋館2階、以前に訪れた時と比べかなり傷んでいる気がする。

山県有朋の別荘 無鄰菴
「無鄰菴」と名付けられた山縣邸は三つある。 最初の無鄰菴は山縣の郷里、長州・下関 … 続きを読む →

この洋館2階の間は、しばしば要人との会見に用いられた。
日露戦争開戦前の1903年(明治36年)4月21日にはここでいわゆる「無鄰菴会議」が行われた。

その時の顔ぶれは、元老山縣有朋、政友会総裁伊藤博文、総理大臣桂太郎、外務大臣小村寿太郎である。

南禅寺界隈別荘群の中で唯一通年公開されている庭園で、昭和26年(1951年)に国の名勝に指定されています。

洋館の2階には、伊藤博文らと山縣有朋が日露開戦に向けて話し合った「無鄰菴会議」に使われた部屋があり、当日の様子を今に伝えます。

紅葉2015 もしかして紅葉絵巻のフィナーレはがんこ二条苑かも
嵐山花灯路を見ようとゆっくり目に出発、とりあえずがんこ二条苑高瀬川源流庭園で腹ご … 続きを読む →

”おおよそ380年前の慶長16年 角倉了以によってつくられた当庭園はその後、明治の元勲山県有朋の別邸「第二無鄰庵」となり第三代日本銀行総裁川田小一郎の別邸、阿部信行首相別邸等をへてがんこが引き継いでいる。

『ねじりまんぽ』とは明治二十一年に完成した、長さ約2メートルのトンネルで、古い言葉でトンネルのことを『まんぽ』と呼ぶそうです。

『ねじりまんぽ』の真上には蹴上インクライン(傾斜鉄道)があり、昔インクラインは琵琶湖疎水による大津~京都の船運ルートとして、台車に乗った船が通っていました。

『ねじりまんぽ』は、その重さに耐えられる構造として、トンネル内壁の煉瓦を斜めに巻き、トンネル自体もインクラインと直角にならないように、斜めに掘られています。

トンネルの入口上部には、第3代京都府知事だった北垣国道が書いた扁額があります。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

梅雨雲 京都駅


今日はOB会のメンバーと外出自粛解除後久しぶりの再会、少し早めに待ち合わせの京都駅へ。

京都駅はよく撮影に訪れた。
京都駅百景
京都駅で作品作り、さて撮影場所はどこだろう、意外と知らない京都駅の一面が・・・・ … 続きを読む →


まだ人出も少なく梅雨の合間の晴れを楽しむ。

梅雨雲って陰暦五月の五月雨の降るころの雲を言うらしいが、今は梅雨も末期、晴れなんだけど重い雲が立ち込めている。


いつも標準ズームの画像ばかりなので今日は思い切って広角で表現、なかなか新鮮だ。

朝早い時間なので大階段も人はまばら。

やはりここでは京都タワーを絡めた画像になってしまう。




葉ッぴいてらすも人はまばらです。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

梅雨の谷間に


梅雨の谷間にのんびりと南港の散策。
人のいない海っていいですね。
紅葉と夕日 南港
今年の紅葉はとにかく早い、ここ、大阪南港も紅葉がうつくしい。 埠頭では変身撮影を … 続きを読む →


ここから何度も旅立ったなあ。
霧の船出
今回の旅は常に雨を心配しながらの旅だった、船に乗り込むときも時折り雨がぱらつく。 … 続きを読む →


怪我をした後の指宿は思い出深いものになった。
志布志へ
指宿へ菜の花を見に行きます。 指宿は12月下旬〜翌年2月上旬に菜の花の見頃を迎え … 続きを読む →


のっぽビルのWTC、ここでお昼にしたけど貸し切り状態だった。

展望台からの眺めは抜群、撮影スポットでもある。
2015年越しの夕日
大晦日の夕日を撮ろうと大阪府咲洲庁舎展望台を訪れた、初日の出の展望は申し込みが必 … 続きを読む →


WTC、今は、府咲洲庁舎(さきしまコスモタワー)。


何度も訪れたシーサイドコスモ、ここからの夕日はいつも感動した。
シーサイドコスモで夕日を
舞洲からバスで約20分、どうやら日没に間に合ったようです。 シーサイドコスモ駅か … 続きを読む →


お昼時で近くのサラリーマンが弁当をいただく姿があった。
のんびりといいなあ。


少し歩き疲れた。
トラムに揺られながらいねむり。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

梅雨真っただ中


日本中を梅雨前線が暴れまわっている、幸い大阪は大きな被害もなく無事過ごせています。

住之江公園の蓮も今が盛り。

ヒマワリもきれいに咲いた。

フジも立派な鞘になった。

ここはサギの多い場所でもある。

雨が小降りになったので出かけてみる。

水たまりもいろいろな表情を見せてくれる。

駅へ行く人だろうか本格的に長靴だ。

しばらく雨が続くとの予報。
梅雨明けはいつになるのかそろそろ気になるところ。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

街角


街が動き出した、おっかなびっくりではあるが人出は増えた。

みんなコロナには気を使っている、それでいいのだ。

動きを停めた分少しずつ戻せばいい。

久しぶりの解放感に浸っている。

先日も嵐山に行ったが急に外国人の数が増えた、飛行機は飛んでないはずだからこれだけの人が日本にいるのだな。

人力車のお兄さんたちも張り切って走っていた。

無理をせず、少しずつ動こう。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

頑張れ大阪


深里橋(四ツ橋筋)から日本橋(堺筋)まで夜の街を歩いてみた。

新型コロナウイルス感染の終息!!
 
我がまち・ミナミ、大阪の回復を願って…。

いっとこミナミ実行委員会

道頓堀川万灯祭2020が行われている。
人出はそこそこ感じられる。

ただこういうキャッチガールは必要悪だ。
これも自然淘汰を待つしかないのかな、知恵比べだ。

深里橋(四ツ橋筋)から日本橋(堺筋)の約800メートルの区間の川沿いを約1300灯のちょうちんで飾ります。

献灯は地元の商店街や関係者が中心ですが、今年は1000灯を越える申し込みのうち、100灯が一般の方からの申し込みだったそうです。

大阪)負けへんで、やったるで 道頓堀ポスター第2弾

道頓堀も人出はそこそこある。

しかし、店の中をのぞくと客はまばら。

「がんばれミナミ がんばれ大阪!!」と記された広告は4月15日から掲げられている。

づぼらや閉店のニュースは新しいところ。
ナニワの看板御三家と言われるのが「くいだおれ太郎」「かに道楽の動くカニ」「づぼらやのちょうちんフグ」。

これも世の中の流れか。

先日、松井市長と吉村知事が出席してづぼらやの前で盛り上げのニュースが流されていた。

吉村知事もコロナ過でいまや時の人。

法善寺横丁は人もまばら、店の中もガラガラ。

これからゆっくりと回復していくのか。

水かけ不動にお参りする人も真剣。

裏通りに入ると人通りはぐっと少なくなる。
まだまだ様子見のタイミングか。

つぼらや別館は当然閉まっている。
この辺りは人通りはきわめて少ない。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

メルヘンの世界 人形工房&カフェビストロ「アイトワ」


嵯峨野散策の途中池のほとりの木立の中にお洒落なカフェ。

いつも気になりながら通り過ぎていた。

庭ではメルヘンチックな人形たちが誘っているのです。

子供でありながら憂いを秘めた深い表情がかわいい。


人形作家の森小夜子さんがご自身の工房の隣に開いたカフェ。

屋外にもテーブル席があり美味しいケーキセットなど頂き見事に活けられた花など眺めてゆったりと過ごします。

おすすめは手づくりケーキ(マッセナ)。
ほんのり暖かくやさしい甘さ、コーヒーとセットで。

その他、山菜ピラフも人気がある。

隣が工房、ギャラリー。

ギャラリーへの見学は、カフェでお好みの「人形のポストカード」を、枚(300円)買い求めると入れます。

食事を頂いた後、ギャラリーを見学させて頂きました。

一階は工房、製作中の作品がありました。

二階がギャラリー。

子供でありながら憂いを秘めた深い表情と精緻な民族衣装が特徴です。

カフェ・アイトワさんのアイトワとは「愛とは?」「愛と環」「愛永遠」の三つの意味を込めた言葉から来ているそうです。

森小夜子さんの人形は、、写真集や展覧会も人気です。
森小夜子さん写真集のお求めはこちらから

写真は全部自分で撮影したとおっしゃっていました。
拝見させていただきましたがなかなかのものです。




あまりにかわいいのでアップで。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

嵯峨野散策


桂川(大堰川)に架かる全長155mの橋。

9世紀前半にはすでに存在していたといわれている。

亀山上皇が橋の上を移動する月を眺め「くまなき月の渡るに似る」と述べたことから渡月橋と名付けられたという。

嵯峨野(さがの)は、京都市右京区の地名。
太秦・宇多野の西、桂川の北、小倉山の東、愛宕山麓の南に囲まれた付近に広がる広い地域の名称で、単に「嵯峨(さが)」と呼称される事もある。

ただし、観光地としての「嵯峨(野)」は嵐山から小倉山に沿った社寺の立ち並ぶ地域(概ね車折神社より西側)を指す。
平安京の西方の郊外になることから別名、西郊と公家達はよんだ。

地名の由来については坂あるいは険し(さがし)などの地形に由来するという説と中国西安(長安)郊外の「巀辥山(さつがつさん)」を「嵯峨山」とも書いたからだという説があります。

ここには去来の遺髪が埋葬されていて、実際の墓は左京区吉田山の真如堂にあります。

周囲には奉納されたたくさんの句碑が建っています。
ここを訪れた高浜虚子は「凡そ天下に去来程の小さき墓に詣りけり」と詠みました。

嵯峨野の喧噪がうそのように人がいない。

明治41年(1908年)8月23日、高浜虚子は「去来の墓」に参拝している。

高浜虚子

百合生けて人ゆきゝせぬ虚室哉

与謝野晶子

皐月よし野山のわか葉光満ち

吉井勇

新緑のまつりの歌をよむことも

嵯峨風流のひとつなるべし

末も終りもなき世の如く

説明板によると、「風雲急を告げる幕末の京洛に於いて元治元年(1864)坂本龍馬は中岡慎太郎と長州本陣天龍寺に長州藩士の来島又兵衛、久坂玄瑞を訪ねるために立ち寄ったという口碑を伝えている。」とあります。

もともとこの像は四条河原町の高瀬川沿いの旧土佐藩邸役宅址にあったそうで、現地の再開発に伴って撤去され、行き場を失ってここに移されたそうです。

像は左から吉村寅太郎、武市瑞山(半平太)、坂本龍馬、中岡慎太郎の順に並ぶ。

元治元年(1864年)に坂本龍馬と中岡慎太郎が天龍寺の久坂玄瑞と来島又兵衛を訪れたことが、嵯峨野に同像が設置された縁になっているらしい。

すこしづつ観光客が戻っている感じ、人力車の往来も忙しそうであった。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

嵐山公園界隈


嵐山の景観に、ひときわ趣を添える渡月橋。

大堰川にかかる全長155メートルのこの橋は承和年間(834~847)、弘法大師の弟子で、法輪寺を興した道昌によってかけられました。

当時はもう少し上流にあり、法輪寺橋と呼ばれたそうです。

渡月橋という名が登場するのは、それから約440年後。

亀山上皇が、その橋の姿を「くまなき月の渡るに似たり」とたとえたことから、渡月橋とあらためられた。

京都市の西北に連なる愛宕山脈。

その間を縫うように流れる桂川は丹波山地に源を発し、亀岡の保津橋付近からは保津川、嵐山付近からは大堰川の愛称で親しまれています。

嵐山公園は保津川渓谷が平野に達したあたりに位置し、亀山、中之島、臨川寺の三地区からなっています。

今日のお昼は、お食事処 亀山家。

嵐山・桂川沿い北西側にポツリとたたずむお食事処 亀山家。

川沿いにぼんやり並ぶ提灯に、なんともいえない風情を感じます。

店先の座敷で熱々のおでんを食べながら、目の前を行く船を眺めるのもまたおすすめです。

ラジコンのボート、いつもこの場所で見かける。
結構精巧に議来ていて、船頭は櫓をこぎ客は船内から手を振る。


京都といえば紅葉の名所が多いことはよく知られているが、そんな京都では新緑の頃のもみじを「青もみじ」と呼び、あえて色づく前のもみじを楽しみます。

その名所の中でもおすすめしたい寺院が嵐山にある宝厳院(ほうごんいん)!
通常非公開の宝厳院は「青もみじ」の時期にその庭園が公開されています。

パンとエスプレッソ

『旧小林家住宅』の主屋だった建物をリノベーションしたもの。

元は園部町(現・南丹市)の農村にあったものを嵐山の現在地に移築したもので、小林家は元々当地の庄屋を務めていたそう。

公園を北へ進むと竹林の小径になり、大河内山荘から常寂光寺に至る一本道です。

嵐山は京都のみならず日本を代表する景勝地です。

川と山が織りなす四季の彩に加え、静寂な竹林の風情など実に変化に富んでいます。

京都のはしっこには素晴らしい空間が幾多もありますが、風情の豊かさではやはり嵐山です。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

野宮神社


野宮とは、かつて宮中から斎宮として選ばれた皇女が伊勢神宮へ向かうまでの間みそぎを行ったところ。

野宮神社 斎宮行列
この歴史は飛鳥時代の天武天皇の頃にはすでに確立されており、南北朝時代の後醍醐天皇の頃まで およそ660年間、64人の姫君が遣わされていたと言い伝えられています


宮中の初斎院以外の清らかな場所を選んで造られ、当時の様子は、源氏物語「賢木巻」や謡曲「野宮」でうかがうことができる。

年代によって嵯峨野の各所に設けられたため、この野宮神社がいつの時代のものかは不明。

源氏物語の宮 野宮神社 良縁、子宝の神様
ここに自分のためにしめじめと物思いを尽くす人が隠れ住むのかと思うと、御息所のことが痛ましく悲しい・・・・・・・
源氏物語「賢木」の巻


黒木鳥居はクヌギの木の皮を剥かないまま使用する、日本最古の鳥居の様式です。

小柴垣はクロモジの木を用います。

天皇陛下の御即位式で建てられる「大嘗祭」も黒木鳥居と小柴垣で囲まれます。

源氏物語の舞台ともなったこの野宮神社。この縁結びの由来の歴史は、女の嫉妬の力が転化したとも言われています。

抑えがたく燃え上がる嫉妬の
「源氏物語」の中で六条御息所はその高貴な身分に加え、才気、美貌ともにすぐれた女性 … 続きを読む →

御息所はといえば、愛欲迷妄の闇から抜け出るには伊勢に行くしかないと思い定めて、野々宮に籠る。

嵐山の竹林の小径は長さ400メートルに及び、またその美しさで有名です。

なお、嵯峨野では街のあちこちで人力車の営業をしており、人力車でこの竹林の小径を通ることが出来ます。

毎年12月には、京都・嵐山花灯路が開催され、ライトアップされた幻想的な竹林の道を歩くことができます。

嵐山花灯路2016
「長神の杜」として、憩いの公園になっている。 「長神」(ちょうじん)は、このあた … 続きを読む →

紅葉2015 嵐山花灯路
久方ぶりに嵐山花灯路を訪れた。 皆さんのコースとは逆に北から回ることに、清凉寺の … 続きを読む →

冬、輝く嵐山花灯
京都・嵐山花灯路は、京都の嵯峨、嵐山周辺地区に約2500基の行灯を点し、夜の散策 … 続きを読む →


コロナ過で観光客の少なくなった今は気持ちよく写真が撮れます。

しかし、手持無沙汰気味の人力車の車夫を見るのはすこし心が痛みます。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!