京都迎賓館 正面玄関


京都迎賓館は、1994年(平成6年)10月に「国立京都迎賓館」として、その建設が閣議決定され、2005年(平成17年)4月17日に開館した。

内閣府のサイトの公式説明によると、京都迎賓館というのは、日本の歴史や文化を象徴する都市である京都において、海外からの賓客を心をこめてお迎えし、日本への理解と友好を深めていただくことを目的に建設された、という。

場所としては、江戸時代に園家・柳原家・櫛笥家など、複数の公家の邸宅が建っていた京都御苑の敷地の北東部に建設された。

正面玄関の扉には、樹齢700年の福井県産の欅(けやき)の一枚板を使用しています。

引手は銅製で、京都の組紐をモチーフにして絆の意を込めたシンプルなデザインの「有線七宝(ゆうせんしっぽう)」が施されています。

福井産の木は、直径二メートルを超える巨木だったという。

伐採後、三十年ほど眠っていた。

ゆっくりじっくり乾燥した木。
京都迎賓館の設計を担当した日建設計理事佐藤義信さん(五七)は「二つとある木ではない。出会いがすべて」と振り返る。

木目を生かすため、板には何も細工をしていない。
取り付けた最初は、全体が黄色っぽく、むらもあった。

「バタバタした木」と表現する人もいたが「木を知っている者は何も心配しなかった」と佐藤さん。
 
一年半過ぎて、扉は変わった。
色が落ち着き、木目は際立ってきた。
これからまだ変わる、という。時の流れが楽しみになってくる。

天井には吉野杉が用いられ、舟底形の天井になっています。

前方に見えるのが正門。

見学者は西門からはいります。

床板には欅(けやき)材を使用し、特殊な加工を床板に施すことによって、傷がつきにくくなっています。

カーテンは一切使用せず、窓などの内側は障子としています。

池が見えています。

正面玄関で靴からスリッパに履き替えましたが、国公賓客はそのまま靴で歩けるようにと、廊下の板には特殊加工がされているそうです。

賓客はそのまま靴で歩きますが、見学者には厳しいのです、柱に少し触れたら注意されますし、撮影時に膝をついたらだめといわれた。

「折り紙」をイメージした行灯

行灯は本美濃紙を使用し、鉄や釘を一切使わない伝統的技法である京指物で組まれています。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

安藤忠雄の世界 ユニバーサルシティ駅


相対式ホーム2面2線を持つ地上駅、橋上駅舎を有しており、建築家の安藤忠雄の設計による帆船をイメージした、流線形の白い膜構造の屋根が特徴。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン (USJ) の最寄り駅として建設され、USJの開園に先立って開業した。
建設時の仮駅名は「此花臨海駅」であった。

第2回近畿の駅百選に選定されている。

コンコース中央の鉄柱とホーム端に設置された4つのコンクリートの塊に引っ張られる形でテフロン樹脂の屋根を支える。

屋根の白い帆は中央部分で26メートルの高さがあり、楕円状に張り巡らされた構造材とのコントラストが非常に繊細。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

鉄人28号と三国志の街 新長田


ケミカルシューズの街を象徴するモニュメント、長田の復興を願って。

ふれあい花壇の中のモニュメント。

新長田の駅を出て西側の道路を少し行くと、新長田1番街 TETSUJIN STREETが見えてきます。

どうして神戸新長田が三国志の街になったのか。

それはですね、あの「三国志」で有名な漫画家である横山光輝先生の生地が神戸市長田区なんです。

鉄人街灯。

JR新長田駅南側、若松公園内に設置されている、直立時の設定が18mにも及ぶ「鉄人28号」の巨大モニュメント。

神戸出身の漫画家、故・横山光輝さんの1956年の作品「鉄人28号」に登場するキャラクターを再現したもの。

三国志等身大石像
「関羽(かんう)」(アスタくにづか4番館前)

新長田南地区商店街内に張り巡らされた横山光輝「三国志」のバナーの武将登場人数は128人!総数200枚。
歩きながらお気に入りの武将を探すのも楽しみのひとつ。

張飛と馬超の葭萌関戦い

魏呉蜀の三国鼎立が定まる前夜、確たる領土を持たなかった劉備が成都の太守劉璋(りゅうしょう)の求めをうけ漢中の張魯(ちょうろ)の南下に対して援軍として出撃します。

成都進出への足がかりを作りました。当時、曹操に破れ張魯のもとにいた馬超は劉備軍と戦います。

張飛と馬超は決着がつかず馬超の勇姿を惜しんだ劉備の仲立ちもあり、その後馬超は劉備の下に身を寄せます。

以後、張飛・馬超は蜀の五虎将軍のひとりとなります。

張飛と馬超の葭萌関戦いのフィギュアもあります。

六間道五丁目商店街には、魏武帝廟と三国志館もあります。魏武帝廟内には、4匹の馬に曳かれる馬車に乗った勇ましい曹操の像が。

六間道の三国志なごみサロンの前には関羽の像。

三国志等身大石像「周瑜(しゅうゆ)」(六間道・市営地下鉄駒ヶ林駅入口前)

ビル壁面に描かれた諸葛孔明ブロンズ像の「司馬懿(しばい)」(二葉町4丁目)

三国志の戦闘場面と西遊記のフィギュァ。

三国志と居酒屋水滸伝のフィギァ

地下鉄の改札内連絡通路の壁面には原寸大の鉄人28号のパネルが。

三国志とはこの三国の時代のことを叙述した歴史書が、次世代の西晋に仕えた陳寿(233年 – 297年。元、蜀の家臣)によって『三国志』と名づけられた事に由来します。

その後、唐・宋・元の時代にわたってこの歴史書『三国志』に基づいて、魏(ぎ)・呉(ご)・蜀(しょく)の前後の時代も含めて、民間伝承などを加えて三国争覇の時代小説として巷間を賑わし、その説話を基にして、明代初期に羅貫中たちが取りまとめ、それが『三国志演義』として成立したのです。

三国志ブロンズ像 「呂布(りょふ)」(アグロ・ガーデンの入口)

大正筋商店街の南端に建つ、等身大、呉の皇帝『孫権』の石像があります。
試剣石を斬った跡をイメージしています。

ジョイプラザの南西角の、新谷英夫《愛》(1983.9.23設置)。神戸長田ライオンズクラブの寄贈。

とにかく退屈しない街です。

楽しそうな催しもあるようだ。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

フォトジェニックな一枚を 阪神電鉄尼崎レンガ倉庫


尼崎城が完成、より一層賑わいを見せる阪神尼崎駅周辺。

そんな中、同じエリアに悠然とたたずむ「阪神電鉄 尼崎レンガ倉庫」。

隠れインスタ映えスポットとしてマニアの注目を集めている。

古くは火力発電所として使用されていた建物。現在は鉄道関係の倉庫として利用されています。赤レンガの趣ある雰囲気が歴史を感じさせます。

阪神電気鉄道が開業した当時、この尼崎発電所と御影発電所で発電された電気を電車の走行に使用していたほか、沿線で一般にも配電していた。
現在は資材倉庫として利用されている。

尼崎市のまちかどチャーミング賞をもらっています。

波打つガラスがレトロ感を感じさせる。

尼崎城天守から一枚。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

神戸市役所展望ロビー


綿引道郎先生の彫刻 家族の詩(うた)—-憩う時

先生は1942年東京生まれの69歳。

東京芸術大学にて鍛金を学ばれ、そこで修得された高度な技術に より、橋梁建築鋼材としてもっぱら用いられていたコールテン鋼を素材に した具象彫刻の独自の世界を切り拓かれた。

山側のロビーより布引ハーブ園を望む。

神戸布引ロープウェイ風の丘中間駅とハーブ園山頂駅間に広がっている。

展望ロビーからは主に南側の眺望が楽しめます。

ここからは、東は六甲アイランドやHAT神戸の街並みが、南は東遊園地からポートアイランド、晴れていれば対岸の紀伊半島まで見渡すことができます。

神戸三宮フェリーターミナルが見えています。

海側の展望ロビーより東を望む。

市役所1号館1階 市民ロビー及び喫茶

公園の緑がきれいです。

マリーナ像 (阪神淡路大震災の記憶)

金色の女性像だが、時計をもっていて、この時計が阪神淡路大震災の時から停まったままになっている。

加納町の由来 説明文より

居留地の東端、現在のフラワーロードを流れていた旧生田川は、豪雨のたびに氾らんし、居留地の外国人から苦情が絶えませんでした。
そこで明治4年(西暦1871年)6月、生田川付替工事が行われ、誕生したのが現在の生田川です。

今度のフラワーロード整備では、小川の流れを取入れ、旧生田川をしのぶことができます。

加納宗七は、紀州の酒造り、廻船業の家に生まれ、神戸で材木・廻漕を開業していましたが、この生田川付替工事を中心となって請負うとともに、跡地である旧生田川敷も整地して新しい町づくりを進めました。

神戸の中心に「加納町」の名が残っているのは、その業績を讃えたものです。

なお同郷の先輩、陸奥宗光と親交があり、このモニュメントに刻まれている加納宗七の字も宗七宛の陸奥の手紙が原典です。

また、小川の流れの橋詰に建っている加納橋と彫られた石づくりの欄干は、架橋位置は不詳ですが、風雪に風化した石の表に歳月の流れを感じさせます。

このモニュメントの建立にあたって、加納氏の遺族始め、多くの方がたの協賛を得たことを付記します。

昭和56年3月  神戸市

東遊園地

1868年に外国人居留遊園の名称で開園した日本で最初の西洋式運動公園とされる。
開園当時は外国人専用であった。

公園内には、ボウリング発祥の地の碑・近代洋服発祥地の碑などの各種の記念碑がある。

また、毎年12月におこなわれる光の祭典「神戸ルミナリエ」では、東遊園地のグラウンドが終端の会場となっている。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

大野寺 弥勒磨崖仏


大野寺は、奈良県宇陀市室生大野にある真言宗室生寺派の寺院。

山号は楊柳山、本尊は弥勒菩薩、開基は役小角と伝える。
室生寺の西の大門に位置する。

宇陀川岸の自然岩に刻まれた彌勒磨崖仏があることで知られ、枝垂桜の名所としても知られる。

桜の時期に訪れた時の記録

大野寺 磨崖仏と小糸枝垂桜
大野寺(おおのでら、おおのじ)、山号は楊柳山、本尊は弥勒菩薩、開基は役小角と伝え … 続きを読む →

境内の桜は台風の爪痕か幹となる枝が切り落とされ寂しい枝ぶりでした。

宇陀川をはさんだ対岸にある弥勒磨崖仏は、「石仏縁起」(万治2年・1659年)や「興福寺別当次第」によれば、興福寺の僧・雅縁の発願により、承元元年(1207年)から制作が開始され、同3年に後鳥羽上皇臨席のもと開眼供養が行われたもの。

像の向かって左手の岩壁下方には円形の区画内に種子曼荼羅(尊勝曼荼羅)を刻む。

石仏は岩盤からの地下水の滲出等で剥落の危険があったため、1993年から1999年にかけて保存修理工事を実施。

岩表面の苔類の除去や地下水の流路を変える工事などが行われた。
史跡指定名称は「大野寺石仏」。

大野寺は宇陀川沿いの景勝の地にあり、近鉄室生口大野駅方面から室生寺へ向かう際の入口に位置する。

伝承では白鳳9年(681年)、役小角(役行者)によって草創され、天長元年(824年)に空海(弘法大師)が堂を建立して「慈尊院弥勒寺」と称したという。

役小角は修験道の開祖とされる伝説的要素の多い人物であり、空海が堂を建立との話も創建を宗祖に仮託した伝承とされており、創建の正確な経緯は不明である。

寺の境内からの眺望。

この時期オオデマリが今を盛りと咲いていました。

境内にある説明板

『史跡 大野寺おおのじ石仏

この石仏は、鎌倉時代の初期、承元三年(1209)三月六日、後鳥羽上皇が石仏開眼供養のため、御幸されたことによって、その造像年代をうかがい知ることができるものであり、笠置寺かさぎでら本尊弥勒菩薩磨崖仏を模したものとされている。

石仏は大野寺(おおのじ)の東、宇陀川を前に西面して峙立する流紋岩質溶結凝灰岩の大岩壁に二重円相光背を彫り凹め、その面に薬砥彫影線で現わされている。

羅髪は鯖状に、眉目は全部彫り下げ、口は輪郭を刻む。

首は三道を現し、総身袈裟を纏い、右手垂下して、施無畏印、左手屈腎掌上外にして、第一、第二指を念じ、斜め右を向いて割蓮筆座上に立つ総長約11.5mの巨像である。

開眼供養の際、後鳥羽上皇や公家たちの筆になる願文類を石仏体内に納めたと記録されているが、これを裏付けるかのように、大正五年の調査で小巻子を検出したが朽ちていたため開くことができず再び胎内に戻されている。

このように造像年代が知られ、巨大であるばかりでなく、政策も秀れているということから、対岸の大野寺境内地などを含めて、昭和九年(1934)十一月十日史跡に指定された。

向かって左手の河岸にも石仏の線刻画が見られる。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

奈良公園バスターミナル


「奈良公園バスターミナル」が4/13(土)に開業、早速訪れてみた。

団体観光や修学旅行のバスの乗降専用に利用するターミナルで、深刻化している周辺道路の交通渋滞の緩和につなげる。

乗客の降車後の観光バスは指定の場所に駐車する。

現在、乗降・駐車場となっている大仏殿前駐車場は、障害者や高齢者などが乗車する観光バス以外は利用できなくなる。

屋上は解放され、若草山も目の前。

大仏殿も目の前。

奈良公園バスターミナルは乗降用のスペースが12台分、予備に4台分の計16台分。

乗客を降ろした後の駐車は、ターミナルから車で30~40分ほどの大和郡山市に設置する上三橋駐車場を利用する。

短時間の駐車の場合は、現在も駐車に利用されている県庁南側の高畑駐車場に振り分ける。

観光情報の入手、歴史や文化の学習に役立つ情報広場や展示スペース、300席のホールも備える。

飲食店や土産店、着物レンタル店なども併設。東棟の屋上スペースも開放し、若草山などを一望できるビュースポットとする。

2階に、「スターバックス コーヒー 奈良公園バスターミナル店」が同時オープン。

近鉄奈良駅から東大寺や春日大社などへ向かう途中にあり、観光での行き、帰りとも非常に便利な立地。

しかも、店舗の内外に奈良の伝統や文化などが感じられるデザインが随所に施され、テイクアウトはもちろんイートインでの利用でもとても居心地よい空間となっています。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

千本松 徒歩と渡しで空中散策


大阪市の管理で、1973年(昭和48年)に架設された。

両端部の2階式螺旋状坂路(720度ループ)を含めて道路長は1228mあり、橋の形状をメガネに見立てることから、地元ではめがね橋の愛称で呼ばれる。

「千本松大橋」の名称は、江戸時代にこの地の木津川堤防に沿って多くの松が植えられていたことに由来している。

車道と歩道があり、自動車・歩行者ともに通行可能。橋を通るバスも存在する。

木津川の両岸には工業地帯や造船所が広がり、大型船が頻繁に航行していた。
そのため、船の運航に考慮して、通常の橋が架橋できなかった。

かつて自動車は上流の橋まで大きく迂回しなければならず、特に大正区南部の住民には交通面での不便を生じさせていた。
交通の便を改善する目的で、桁下の高さを高くとったループ橋・千本松大橋が建設された。

流石に見晴らしはよくプラントの向こうに空中庭園やフェスティバルホールまで見渡せる。

しかし、橋が完成した同年、第一次オイルショックやそれに伴う著しい景気の悪化などの影響により、両岸にあった大型船を建造する造船所は一気に衰退し、またその他の工場でも規模を縮小したために、皮肉にも、橋の完成と同時に航路高が33mも必要とする大型船の航行はなくなってしまっていた。

千本松大橋の両岸である大正区南恩加島・西成区南津守の一帯は、江戸時代に開かれた新田だ。津守新田は元禄13年(1800年)、京都の商人・横井源左衛門と金屋源兵衛が、恩加島新田は文政12年(1829年)に開拓者・岡島嘉平次が拓いたものである。

木津川の左岸には、建築土木資材を製造する「太平洋マテリアル」の工場が眼下に見えます。

明治後期になると、田園地帯だった木津川下流域に開発の手が入る。工業が盛んになり、造船所などの工場が増えていった。

それに伴って人の往来も増え、川を渡る手段が必要になってくると、渡し舟が運行されるようになった。

千本松渡がいつごろ設けられたものかは定かでないが、大正時代の中ごろにはすでにあったようである。

対岸に千本松の渡しが見える。

この地には従来から、木津川を渡る渡船場・千本松渡船場があり、大正区~西成区相互での歩行者や自転車の移動に利用されてきた。

渡船を管理・運営する大阪市は、千本松大橋の開設に伴い、当初は千本松渡船場を廃止する計画だった。

しかし「橋ができても、高さ36m(ビル12階の高さに相当する)、総延長1.2kmの橋の渡橋には、歩行者や自転車にとっては所要時間・体力面ともに大変になる」などとして、渡船場の存続を求める住民の声が高まった。

住民の声を反映して大阪市は当初の渡船場廃止計画を撤回、千本松渡船場は現在に至るまで存続されている。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

落合下の渡し


落合下渡船場は、大正区平尾一丁目と西成区津守二丁目を結ぶ(岸壁間138メートル)。

平成29年度現在、1日平均393人が利用している。
毎年10月下旬から翌年4月下旬にかけて、数百羽のユリカモメが飛来する。

この渡船場も通勤時間帶はほぼ10分毎に出船している。

上流側を見ると先ほど渡った落合上渡船。水門、大阪ドームなどが見える。

この辺りは金属のスクラップ工場が多く船にスクラップを積み込む作業が見られる。

岸壁はこのような状態で見通しはきかない。

平尾(ひらお)は大阪の港湾部、大正区の南部にあるまち。

1771年に平尾与左衛門によって「平尾新田」として開拓されたことからその名が付いた。

大正区は歴史的な経緯から沖縄出身者の多いところで、中でもこの平尾地区には特に多くのウチナーンチュが集まって暮らしています。

メインストリートの平尾本通商店街には、沖縄そばや島豆腐、サータアンダギー、そしてオリオンビールなど、沖縄の料理や食材がごく普通に並んでおり、住宅街にはシーサーの姿も見られます。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

落合上の渡し


大正9(1920)年には旧道路法が施行され渡船は無料になり、現在の運行方法が確立した。
現在でも、大阪市には8つの渡船が残り、市民の足として活躍しています。

落合上渡船場は、大正区千島1丁目と西成区北津守四丁目を結ぶ(岸壁間100メートル)。
平成29年度現在、1日平均484人が利用している。

「木津川水門」は、造船所などが立ち並ぶ、木津川にある尻無川水門と同じタイプの、アーチ型の巨大水門です。

この水門が、完成したのは1970年(昭和45年)の11月。

台風などで押し寄せる大阪湾からの高潮をせき止める重要な役割を担っています。

毎月1回程度開閉試運転のため閉まっているのが見られる。

この辺りはセメントのプラントなど大型の工場が多く視界はきかない。

うず高く積み上げられたスクラップ、フェンスなどが視界を遮る。

西成高校および西成公園は、元は大日本紡績の木津川工場があったところ。

日本近代の工業化は紡績産業の発展から始まりました。
その中心を担ったのが明治16年(1883)に大正区三軒家村に出来た大阪紡績の三軒家工場。

昭和4年(1929)には大阪港からの綿製品の輸出額がイギリス を押さえて世界第1位となり、大阪は 「東洋のマンチェスター」とまで呼ば れるようになります。

大阪紡績は他社と合併して世界最大の紡績会社に発展したが、しかし、戦争の激化とともに三軒家工場は軍需工場に転換させられ、昭和20年(1945)3月の 大阪大空襲で無塵と化した。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!