大野寺 弥勒磨崖仏


大野寺は、奈良県宇陀市室生大野にある真言宗室生寺派の寺院。

山号は楊柳山、本尊は弥勒菩薩、開基は役小角と伝える。
室生寺の西の大門に位置する。

宇陀川岸の自然岩に刻まれた彌勒磨崖仏があることで知られ、枝垂桜の名所としても知られる。

桜の時期に訪れた時の記録

大野寺 磨崖仏と小糸枝垂桜
大野寺(おおのでら、おおのじ)、山号は楊柳山、本尊は弥勒菩薩、開基は役小角と伝え … 続きを読む →

境内の桜は台風の爪痕か幹となる枝が切り落とされ寂しい枝ぶりでした。

宇陀川をはさんだ対岸にある弥勒磨崖仏は、「石仏縁起」(万治2年・1659年)や「興福寺別当次第」によれば、興福寺の僧・雅縁の発願により、承元元年(1207年)から制作が開始され、同3年に後鳥羽上皇臨席のもと開眼供養が行われたもの。

像の向かって左手の岩壁下方には円形の区画内に種子曼荼羅(尊勝曼荼羅)を刻む。

石仏は岩盤からの地下水の滲出等で剥落の危険があったため、1993年から1999年にかけて保存修理工事を実施。

岩表面の苔類の除去や地下水の流路を変える工事などが行われた。
史跡指定名称は「大野寺石仏」。

大野寺は宇陀川沿いの景勝の地にあり、近鉄室生口大野駅方面から室生寺へ向かう際の入口に位置する。

伝承では白鳳9年(681年)、役小角(役行者)によって草創され、天長元年(824年)に空海(弘法大師)が堂を建立して「慈尊院弥勒寺」と称したという。

役小角は修験道の開祖とされる伝説的要素の多い人物であり、空海が堂を建立との話も創建を宗祖に仮託した伝承とされており、創建の正確な経緯は不明である。

寺の境内からの眺望。

この時期オオデマリが今を盛りと咲いていました。

境内にある説明板

『史跡 大野寺おおのじ石仏

この石仏は、鎌倉時代の初期、承元三年(1209)三月六日、後鳥羽上皇が石仏開眼供養のため、御幸されたことによって、その造像年代をうかがい知ることができるものであり、笠置寺かさぎでら本尊弥勒菩薩磨崖仏を模したものとされている。

石仏は大野寺(おおのじ)の東、宇陀川を前に西面して峙立する流紋岩質溶結凝灰岩の大岩壁に二重円相光背を彫り凹め、その面に薬砥彫影線で現わされている。

羅髪は鯖状に、眉目は全部彫り下げ、口は輪郭を刻む。

首は三道を現し、総身袈裟を纏い、右手垂下して、施無畏印、左手屈腎掌上外にして、第一、第二指を念じ、斜め右を向いて割蓮筆座上に立つ総長約11.5mの巨像である。

開眼供養の際、後鳥羽上皇や公家たちの筆になる願文類を石仏体内に納めたと記録されているが、これを裏付けるかのように、大正五年の調査で小巻子を検出したが朽ちていたため開くことができず再び胎内に戻されている。

このように造像年代が知られ、巨大であるばかりでなく、政策も秀れているということから、対岸の大野寺境内地などを含めて、昭和九年(1934)十一月十日史跡に指定された。

向かって左手の河岸にも石仏の線刻画が見られる。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

奈良公園バスターミナル


「奈良公園バスターミナル」が4/13(土)に開業、早速訪れてみた。

団体観光や修学旅行のバスの乗降専用に利用するターミナルで、深刻化している周辺道路の交通渋滞の緩和につなげる。

乗客の降車後の観光バスは指定の場所に駐車する。

現在、乗降・駐車場となっている大仏殿前駐車場は、障害者や高齢者などが乗車する観光バス以外は利用できなくなる。

屋上は解放され、若草山も目の前。

大仏殿も目の前。

奈良公園バスターミナルは乗降用のスペースが12台分、予備に4台分の計16台分。

乗客を降ろした後の駐車は、ターミナルから車で30~40分ほどの大和郡山市に設置する上三橋駐車場を利用する。

短時間の駐車の場合は、現在も駐車に利用されている県庁南側の高畑駐車場に振り分ける。

観光情報の入手、歴史や文化の学習に役立つ情報広場や展示スペース、300席のホールも備える。

飲食店や土産店、着物レンタル店なども併設。東棟の屋上スペースも開放し、若草山などを一望できるビュースポットとする。

2階に、「スターバックス コーヒー 奈良公園バスターミナル店」が同時オープン。

近鉄奈良駅から東大寺や春日大社などへ向かう途中にあり、観光での行き、帰りとも非常に便利な立地。

しかも、店舗の内外に奈良の伝統や文化などが感じられるデザインが随所に施され、テイクアウトはもちろんイートインでの利用でもとても居心地よい空間となっています。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

千本松 徒歩と渡しで空中散策


大阪市の管理で、1973年(昭和48年)に架設された。

両端部の2階式螺旋状坂路(720度ループ)を含めて道路長は1228mあり、橋の形状をメガネに見立てることから、地元ではめがね橋の愛称で呼ばれる。

「千本松大橋」の名称は、江戸時代にこの地の木津川堤防に沿って多くの松が植えられていたことに由来している。

車道と歩道があり、自動車・歩行者ともに通行可能。橋を通るバスも存在する。

木津川の両岸には工業地帯や造船所が広がり、大型船が頻繁に航行していた。
そのため、船の運航に考慮して、通常の橋が架橋できなかった。

かつて自動車は上流の橋まで大きく迂回しなければならず、特に大正区南部の住民には交通面での不便を生じさせていた。
交通の便を改善する目的で、桁下の高さを高くとったループ橋・千本松大橋が建設された。

流石に見晴らしはよくプラントの向こうに空中庭園やフェスティバルホールまで見渡せる。

しかし、橋が完成した同年、第一次オイルショックやそれに伴う著しい景気の悪化などの影響により、両岸にあった大型船を建造する造船所は一気に衰退し、またその他の工場でも規模を縮小したために、皮肉にも、橋の完成と同時に航路高が33mも必要とする大型船の航行はなくなってしまっていた。

千本松大橋の両岸である大正区南恩加島・西成区南津守の一帯は、江戸時代に開かれた新田だ。津守新田は元禄13年(1800年)、京都の商人・横井源左衛門と金屋源兵衛が、恩加島新田は文政12年(1829年)に開拓者・岡島嘉平次が拓いたものである。

木津川の左岸には、建築土木資材を製造する「太平洋マテリアル」の工場が眼下に見えます。

明治後期になると、田園地帯だった木津川下流域に開発の手が入る。工業が盛んになり、造船所などの工場が増えていった。

それに伴って人の往来も増え、川を渡る手段が必要になってくると、渡し舟が運行されるようになった。

千本松渡がいつごろ設けられたものかは定かでないが、大正時代の中ごろにはすでにあったようである。

対岸に千本松の渡しが見える。

この地には従来から、木津川を渡る渡船場・千本松渡船場があり、大正区~西成区相互での歩行者や自転車の移動に利用されてきた。

渡船を管理・運営する大阪市は、千本松大橋の開設に伴い、当初は千本松渡船場を廃止する計画だった。

しかし「橋ができても、高さ36m(ビル12階の高さに相当する)、総延長1.2kmの橋の渡橋には、歩行者や自転車にとっては所要時間・体力面ともに大変になる」などとして、渡船場の存続を求める住民の声が高まった。

住民の声を反映して大阪市は当初の渡船場廃止計画を撤回、千本松渡船場は現在に至るまで存続されている。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

落合下の渡し


落合下渡船場は、大正区平尾一丁目と西成区津守二丁目を結ぶ(岸壁間138メートル)。

平成29年度現在、1日平均393人が利用している。
毎年10月下旬から翌年4月下旬にかけて、数百羽のユリカモメが飛来する。

この渡船場も通勤時間帶はほぼ10分毎に出船している。

上流側を見ると先ほど渡った落合上渡船。水門、大阪ドームなどが見える。

この辺りは金属のスクラップ工場が多く船にスクラップを積み込む作業が見られる。

岸壁はこのような状態で見通しはきかない。

平尾(ひらお)は大阪の港湾部、大正区の南部にあるまち。

1771年に平尾与左衛門によって「平尾新田」として開拓されたことからその名が付いた。

大正区は歴史的な経緯から沖縄出身者の多いところで、中でもこの平尾地区には特に多くのウチナーンチュが集まって暮らしています。

メインストリートの平尾本通商店街には、沖縄そばや島豆腐、サータアンダギー、そしてオリオンビールなど、沖縄の料理や食材がごく普通に並んでおり、住宅街にはシーサーの姿も見られます。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

落合上の渡し


大正9(1920)年には旧道路法が施行され渡船は無料になり、現在の運行方法が確立した。
現在でも、大阪市には8つの渡船が残り、市民の足として活躍しています。

落合上渡船場は、大正区千島1丁目と西成区北津守四丁目を結ぶ(岸壁間100メートル)。
平成29年度現在、1日平均484人が利用している。

「木津川水門」は、造船所などが立ち並ぶ、木津川にある尻無川水門と同じタイプの、アーチ型の巨大水門です。

この水門が、完成したのは1970年(昭和45年)の11月。

台風などで押し寄せる大阪湾からの高潮をせき止める重要な役割を担っています。

毎月1回程度開閉試運転のため閉まっているのが見られる。

この辺りはセメントのプラントなど大型の工場が多く視界はきかない。

うず高く積み上げられたスクラップ、フェンスなどが視界を遮る。

西成高校および西成公園は、元は大日本紡績の木津川工場があったところ。

日本近代の工業化は紡績産業の発展から始まりました。
その中心を担ったのが明治16年(1883)に大正区三軒家村に出来た大阪紡績の三軒家工場。

昭和4年(1929)には大阪港からの綿製品の輸出額がイギリス を押さえて世界第1位となり、大阪は 「東洋のマンチェスター」とまで呼ば れるようになります。

大阪紡績は他社と合併して世界最大の紡績会社に発展したが、しかし、戦争の激化とともに三軒家工場は軍需工場に転換させられ、昭和20年(1945)3月の 大阪大空襲で無塵と化した。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

チン電我孫子道停留場


我孫子道停留場(あびこみちていりゅうじょう)は、住吉区清水丘にある阪堺電気軌道阪堺線の停留場。

大阪市内区間と堺市内区間の境界駅でもある。

浜寺駅前 – 天王寺駅前系統の電車は、一部の除き本停留場で乗務員の交代を行っている。

入庫列車以外の当駅止まり列車は、一度浜寺駅前方面へ引き上げてから出庫待機線に入って恵美須町方面ホームに入る。

ただし、大きな遅れが出た場合は直接車庫に入って折り返す(これなら2分弱もあれば折り返せる)。

なお、日中の当駅始発恵美須町行きは天王寺駅前行きが出発するまで出発待機線を出ないが、ダイヤ上少しでも天王寺駅前行きが遅れると一本後の恵美須町行き列車が出発待機線まで来る事がある(なお、出発待機線は2両分あるので浜寺駅前方面本線を塞ぐ事は無い)。

1番のりばはホーム長さが2.5両分ほどあり、朝ラッシュや正月3が日などの列車錯綜時は手前の場内信号に併設されている誘導信号の指示で、2列車(ダイヤが混乱して、さらに続行列車が我孫子道止まりの場合に限り3列車)まで入線可能。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

ナイトズー 天王寺動物園


いつもの動物園も、夜になるとまた違う表情をみせてくれます。
現在、天王寺動物園では春、夏、秋と期間限定でナイトズー(夜の動物園)を開催しています。

みどころはサファリゾーン アフリカサバンナ。

ハルカスを背景にキリン、ライオンなどのいるサバンナのゾーンは一番の人気スポット。

特にネコ科の生き物は昼間とは全然違う姿を見せてくれます。

メスのライオン二匹が並んでのんびり。でも昼はだいたい寝てるけど夜だから起きてる。

キリンは2頭います、こういうイベントをやると飼育係のおじさんたちは大変だね。

昼間はなかなか姿を見せないカバも夜になると姿を現します。

サイも昼間はあまり行動的でないのだが夜はよく動きます。

ムフロンは家畜として世界中で広く利用されているヒツジの原種のひとつとして考えられているが、体高は70~80cm程度で、野性のヒツジの中ではもっとも体が小さい。

これは、北アメリカに分布しているオオツノヒツジに比べるとふた周りほども小さい。

また、家畜としてのヒツジは、紀元前6000年頃にムフロンなどを原種として改良されたものだと考えられているが、現在のムフロンの野生種の分布域はコーカサス地方やイラク北部 、イラン北西部などとされている。

かつてはクリミア半島やバルカン半島などにも分布していたとされているが、これらのものは3000年前には消えてしまったと考えられている。

じゃがも夜は行動的。

ピューマも動き回るのでなかなかうまくとらえられない、この画像も被写体ブレ。

トラも動き回ってなかなかピントの合った画像が撮れない。

あー、楽しかった。

夜の7時を過ぎていますがまだまだ入館者は続いています。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

上七軒


五花街とよばれ、上七軒・祇園甲部・祇園東・先斗町・宮川町とともに現在京都に5つある花街のうちもっとも歴史ある花街である上七軒。

室町時代に北野天満宮の再建の際に残った資材を使って7軒の茶店を建てた。

これが「上七軒」の由来で、桃山時代に豊臣秀吉が北野で大茶会を開いた折に茶店側は団子を献上したところ大いに誉められて以来、また西陣の結びつきで花街としての繁栄を極める。

上七軒は戦前まではお茶屋50軒、芸妓、舞妓あわせて60名で娼妓も3名いたが第二次世界大戦でお茶屋の大半が転廃業し、1945年ごろに再開。

そのころはお茶屋35軒、芸妓50名ぐらい(舞妓は襟替え等で含まれていない)いたが西陣織産業の衰退により減少し、芸妓数も20名以下に落ち込んで、歌舞会所属の舞踊学校で習っている優秀な生徒に対し組合が北野をどりへの出演を要請していた時期もあった。

2013年2月、上七軒通電線地中化工事が完成、常夜灯を設置した石畳風舗装の道路に生まれ変わった。

京都は路地の多い街だが上七軒も例にたがわず路地が多い。

黒塀をバックに梅が・・・

鍾馗さんは祇園、上七軒、宮川町といった花街にたくさんいます。

京都市内の民家(京町家)など近畿 – 中部地方では、現在でも大屋根や小屋根の軒先に10 – 20cm大の瓦製の鍾馗の人形が置いてあるのを見かけることができる。

これは、昔京都三条の薬屋が立派な鬼瓦を葺いたところ向かいの家の住人が突如原因不明の病に倒れ、これを薬屋の鬼瓦に跳ね返った悪いものが向かいの家に入ったのが原因と考え、鬼より強い鍾馗を作らせて魔除けに据えたところ住人の病が完治したのが謂れとされる。

鍾馗の縁起については諸説あるが、もともとは中国の唐代に実在した人物だとする以下の説話が流布している。

ある時、唐の6代皇帝玄宗が瘧(おこり、マラリア)にかかり床に伏せた。
玄宗は高熱のなかで夢を見る。

宮廷内で小鬼が悪戯をしてまわるが、どこからともなく大鬼が現れて、小鬼を難なく捕らえて食べてしまう。
玄宗が大鬼に正体を尋ねると、「自分は終南県出身の鍾馗。

武徳年間(618年-626年)に官吏になるため科挙を受験したが落第し、そのことを恥じて宮中で自殺した。

だが高祖皇帝は自分を手厚く葬ってくれたので、その恩に報いるためにやってきた」と告げた。
夢から覚めた玄宗は、病気が治っていることに気付く。

感じ入った玄宗は著名な画家の呉道玄に命じ、鍾馗の絵姿を描かせた。その絵は、玄宗が夢で見たそのままの姿だった。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

西陣散策


高級絹織物の西陣織発祥の地であり、織物産業が集中する地域である。

おおむねの範囲は、西限が七本松通、南限が一条通、東限が小川通、北限が上京区・北区の区境。

「西陣」の名は、応仁の乱(1467年-1477年)の際に西軍総大将である山名宗全らが堀川よりも西のこの土地に陣を構えたことに由来する。

応仁の乱後には各地に離散していた織物職人が京都に戻り、西陣と呼ばれるようになったこの地で織物作りを再開した。

このようなゲストハウスもある。

公園の片隅に転がっている染釜。

京都で染色といえば、糸から染める先染めとよばれる工程と友禅などのように白生地に織ったものを染める後染めの二種にわかれる。

西陣織の特色は先染めで糸染屋は、織屋から渡された撚り糸を精練し、色見本にあわせながら染めあげてゆく。

熱湯に染料をとかし、かせ糸を竹棒にかけて、手釣を使いながら除々に染めあげてゆく手染と、大きな蒸気釜で一度にたくさん染める機械染色があり、いづれも西陣織の生命といわれる色をつくりだす重要な部分である。

1989年(平成元年)にオープンした「織成館」は、「西陣織屋建」を活かしたミュージアムとして開設された。

この建物は1936年(昭和11年)に西陣の帯地製造業「渡文」の初代当主・渡邉文七氏の「店兼住まい」として建てられたもの。

水屋(炊事場/おくどさん=竈(かまど)など)を取り除き、1階と2階の一部も改装したが、梁や柱、狭い間口に奥行きの長い棟、明かり取りの天窓など、西陣の伝統的な家屋「織屋建(おりやだち)の特長をそのまま残しています。

鍾馗さんは祇園、上七軒、宮川町といった花街にたくさんいます。

長艸繍巧房 貴了庵

京都の伝統工芸「京繍(きょうぬい)」の作家である長艸敏明、純恵の作品を展示。

「紫織庵」は元々「京のじゅばん&町家の美術館」として平成11年4月から20年まで、公開されている大正初期の京都市指定有形文化財の町家でした。

しかし「紫織庵」は8月27日を持って閉館して、平成30年10月1日から「ギャラリー 紫織庵」として西陣の織工場跡を再利用した新ギャラリーをオープンした。

ととや

女将さん手作りのちりめん山椒のお店。

雨宝院の南門越しに眺める瓦土塀と、真っ赤な提灯のコントラストが美しく、京都らしい和の雰囲気が感じられる、知る人ぞ知る、ひそかに人気の撮影スポット。

本隆寺の境内の周りは、瓦土塀が続く細い路地となっており、情緒たっぷり。

土塀(どべい)は、粘土質の土や泥に、石灰とフノリに加え、菜種油、水、藁などの天然素材で作られた伝統的な塀ですが、ここ大徳寺を始め、いくつかの寺に「瓦土塀」と呼ばれる、廃材を利用し、瓦を何層にも積み重ねた土塀があります。

瓦土塀は「瓦積み式土塀 」 の略で、文字通り、瓦が何層にも積み重なっている土塀で、瓦を挟み込む理由は耐久性もさることながら、意匠性(デザイン性)を得る為と思われます。

こちら大徳寺の瓦土塀、斬新なデザインで洒落ています。

大徳寺塔頭 興臨院 特別公開
臨済宗大徳寺派大本山大徳寺の塔頭、通常非公開ですが、春と秋に特別公開されています … 続きを読む →


今日のお昼は鳥岩楼(とりいわろう)、超人気で行列のできる店、昼は親子丼のみ。

鳥を専門に扱っていた初代が祇園で創業。
鳥のあらを有効に使いたいと始めた鳥料理の店は、やがて水だきのおいしさで知られるように。

昭和20年に西陣に移転、庭を囲む町家の座敷は鍋料理にふさわしいしっとりした風情を漂わせる。
井戸水を使って新鮮なあらを6~7時間煮込んで作ったスープと、ゆっくりと下ゆでした鳥。

それを包金製の鍋でゆっくりと炊けば、生姜のきいたスープの香りが立ち上り食欲をくすぐる。

野菜に加えて、湯葉や粟麩など京の食材も鍋の具に。

鍋が一番の自慢だが、新鮮な鳥を気軽に味わい人には、昼のみの名代親子丼もある。

遊墨漫画家、南久美子さんの「遊墨画工房」。

江戸期の職人長屋を今に残す「三上家」の路地。

図子の中央あたりから北に15メートルほど伸びる三上家路地で、突きあたりが三上家。
 
三上家は紋屋町に現存するただ1軒の紋屋だそうです。

かつて天皇の衣装をつくった御寮織物司。

三上家17代当主が大家さん。

昔はこの長屋に職人達を住まわせていましたが、今は職人に代わって、写真家、陶芸家など芸術家達の工房やはちみつ専門店が店子(たなこ)として入っています。

以前、テレビドラマ「赤かぶ検事奮戦記(中村梅雀)」で路地と、一軒のお宅が登場していました!

長屋の一角に蜂蜜専門店があります。

店内には、オーソドックスなものから希少なものまで約40種類のはちみつがズラリ。
試食をしながら商品を選べます。

三上家路地のように「路地」と呼ばれる細い道路は、京都の市内に約1万3000本もあるといわれています。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

小雨の石塀小路


ねねの道とその1本西の下河原通を東西につなぐ、石畳と石塀が美しい小路。

京都らしい風情漂う石塀小路。
路に敷き詰められた石畳の一部は京都市電の敷石を移設したそうです。

雨の日の石塀小路はことに風情がある。

昼間の「石塀小路」も非常に風情はありますが、「石塀小路」の良さがさらに出る時間帯としては、夕刻以降!日没も深まると各料亭や旅館の表玄関に明かりが灯り、薄暗い木塀の辻子がさらに情緒あふれる空間と化します。

春の夜に輝く花と灯りの路を歩く 京都・東山花灯路2013
いつもと違う京都を見つけに東山へ、東京・大阪・神戸のイルミネーションの豪華さの対極にある京文化なのかな。 … 続きを読む →


石塀小路の土地は、当初は圓徳院のの所有地でしたが、明治時代になって税金を納める必要が出てきたため、圓徳院庭園の一部を取り崩して、通り抜けの道を造りました。

路は曲がりくねって、袋小路のように思えますが、高台寺通り(ねねの道)へと通り抜けることが出来ます。(逆方向の散策もOK)

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!