十三駅 界隈


地名の由来は、摂津国西成郡の南端を一条とし、北へ順次数えると十三条の場所に当たるという条里制に基づく説[や、かつて当地に存在した中津川の渡しが淀川の上流から数えて13番目の渡しであったとする説など、諸説存在する。



阪急神戸線・京都線・宝塚線が交わる、京阪神の要である十三駅の周辺は活気が溢れた大阪の下町だ。

十三は実は商店街マニアな人達にはたまらない聖地なのかもしれません。

もとは八幡神社と称し、中津川・神崎川の氾濫で旧記録流失し創記年代は不詳。

旧地名小島から小島八幡といわれていた。昭和4年(1929年)の社殿改築時に見つかった宝永7年(1710年)銘の棟札には天正年中(1573〜1592年)勧請とある。



トミータウンは、飲食店が主であること から公衆トイレも 1 箇所設置されている が、昔は⽴⼩便が跡を絶たなかったことか らしょんべん横丁といわれていたそうだ。

そこで、⼩便⼩僧をモチーフとして、⽴ ⼩便をしようとしたところ「おいコラッ、 ⼩便をするな!」と 注 意 され振り返る様子 をモニュメント化したのが「⾒返りトミー 君」なのだそうだ。

平成26年に大きな火災が発生した「しょんべん横丁」は、このトミータウン商店街に含まれる。


風俗店が駅近傍にあり、ネオン等で目立つ存在であるため、歓楽街として位置づけられることが多い。
特に十三駅西南側の栄町エリアには飲食店、パチンコ店、キャバレー、ピンクサロン、ラブホテルなどが密集している。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

淀川河川敷


河川敷をつなぐ錆びた陸橋、川面を渡ってくる風が心地よく体をつつんでくれます。土手の下の車道は、車の通行量が多いので注意が必要です。

空が広く快適です。

ランニング、散策にと市民の憩いの場。

対岸には十三の歓楽街が広がる。

十三という地名は、旧成小路村(現在の淀川区新北野付近で)の字名の一つで、十三の名の起こりは条里制の十三条に由来するという説もあるが、淀川の渡しのうち、上から数えて13番目であったこととする説が有力で、江戸時代以前から”十三渡”があったとされる。


阪急電車の橋梁を挟んで、梅田スカイビルがそびえ立っています。

阪急の新淀川橋梁は、阪急電車の中津⇔十三間は阪急神戸本線、阪急宝塚本線、阪急京都本線の3­路線、上下線合わせると6本の線路が並走しているので、とにかくひっきりなしに電車が通ります。

新十三大橋

本橋は、在来の十三大橋の下流280mの地点にあり、4車線13.5mの車道に歩道と自転車道を加えた18.2mの有効幅員をもち、3径間連続鋼床版桁の3連編成で新淀川と中津運河を越える。
延長約792.8m、最大支間長90mで、大阪でも有数の長大橋である。

十三大橋

橋の中央部に路面電車を敷設することが可能な設計になっている。
親柱のたもとに歯車をモチーフとした欄干など時代を色濃く反映した意匠などが残っている。

現在、北行き片側1車線(新十三大橋がこれを補完している)、南行き片側3車線、および歩行者道が設定されている。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

阪急中津駅


梅田から北へ0.5Kmほどという地理条件から、梅田に連なるオフィス街となっている。

また近年では住民の都心回帰傾向がみられることに伴い、地下鉄中津駅周辺を中心に超高層マンションが増加している。

町名としては、大阪市北区中津一丁目から中津七丁目まである。
東西約1.5km、南北約1kmの地域で、淀川の南側に沿うような形で位置している。
2005年の国勢調査によると、人口は9,486人。

JR東海道線支線地下化事業は、うめきた2期区域のまちづくりの基盤となるもので、うめきた地区の西端地上を南北に走行している現在線を地区の中央部に移設・地下化することにより、踏切の除却や、現在、高さ制限のある鉄道と道路との交差部分の解消を図り、踏切事故や渋滞が解消され、道路を安全に通行できるようになるとともに、鉄道で分断されたまちが一体的に利用できるようになります。

また、西日本旅客鉄道株式会社が実施する新駅設置事業により、関西国際空港や和歌山方面からのアクセスの向上を図り、国際競争力を有する地域の形成をめざします。

平成34年度末の地下化切換・新駅開業をめざして取り組んでまいります。

淀川を挟んだ北側には十三東、新北野、木川西、木川東、東は豊崎、西は大淀北、大淀中、南は大深町、芝田に囲まれた地域である。

この地にはかつて、旧淀川の支流のひとつ、中津川が流れていた。

中津川は細い川の上に蛇行して流れていたため、しばしば洪水を起こしていた。

記録によると、平均して10年に一度の割合で洪水に見舞われていた。
正保 – 慶安年間に西成郡小島村(のちの十三東之町)で中津川改修工事が行われ、のちに中津村の一部となる小島新田・小島古堤新田が旧河道に誕生した。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

無国籍シティ・中崎町


伝統文化から韓流情報まで 料理に踊りに音楽などのカルチャースクールもあり韓国の文化にふれられる「大阪韓国文化院」。

それぞれ徒歩10分ほどで移動できるのに、「動(梅田)と静(中崎町)」 「近未来(梅田)と昭和(中崎町)」と一般的には対照的なまちだと思われているかもしれません。

こちら自転車屋さん、いつも見かける自転車屋さんとはちょっとちがう。

戦災をのがれ、長屋や迷路のような路地が残る中崎町では ベトナム料理やスリランカ料理、フランス雑貨屋、大阪韓国文化院など 文字通り「無国籍シティ」を回ります。

白龍大神もパワースポットとして人気だとか。



チェ・ゲバラ こんなのもある。
たのしくなってくるなぁ。



ちょうどお嬢さんが出店の用意をしていました。


目白の奥に素敵なお店を見つけたり。

中崎町の裏町巡は意外との遭遇の連続。

迷路のように入り組んだ路地裏の道を、行き止まりかどうか心配になりながら突き進むと意外なところに可愛らしい喫茶店や雑貨やなどがあります。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

ハロウィン


昨夜も渋谷ではひと騒動あったそうだ。

ここ茶屋町界隈でもハロウィンの飾り付けが目立つ。

日本人はよくもまあこれだけ異文化を受け入れられるものだと感心してしまう。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

京橋駅界隈ブラブラ


大阪府の繁華街にある乗換駅としては、キタ(大阪駅・梅田駅周辺)やミナミ(難波駅周辺)および天王寺(天王寺駅・大阪阿部野橋駅周辺)に立地する駅ほどの規模ではないが、一日あたり約59万人(2006年)の乗降客の利用があり、大阪市北東部の玄関口となっている。

駅名の由来は、大川との合流地点近くの大阪城北側の寝屋川に架かる「京橋」であるが、この橋は当駅よりも天満橋駅の近くに存在する。

裏町の風景

当駅がある地に鉄道が開通したのは、1895年8月に浪速鉄道が現在の片町線となる片町駅 – 四条畷駅間を開業してからであるが、開業当時は駅が設置されていなかった。

当駅は、同年10月に大阪鉄道 (初代) が現在の大阪環状線となる天王寺駅 – 大阪駅(当時は梅田駅)間の鉄道を開業させた際に浪速鉄道との交差地点に設けられたのが始まりである。

両路線とも、関西鉄道を経て国有化された後、1912年、片町線片町駅に京橋口乗降場が設けられ、城東線(現在の大阪環状線)の京橋駅と連絡するようになる。これが翌1913年に当駅の片町線乗り場となった。


京橋北口改札外(大阪市都島区東野田町4)の工事仮囲いに、巨大な壁アートが完成した。

壁アートは、関西のラジオ局「FM802」が主催するアーティスト発掘プロジェクト「digmeout」とJR西日本がコラボレーションし、「駅と駅、駅と町をつなぐ」をコンセプトに大阪で活躍するアーティストによって描かれた。

京橋駅のリニューアル工事で設けられた京橋駅北口前の仮囲いに、7月10日から5日かけて制作。

壁にはアクセスの良い京橋駅の象徴として、大阪の象徴となる絵がちりばめられ、「行ってみたい」「乗ってみたい」大阪環状線をイメージ。完成後は、京橋在住の人たちにより、「CONNECT KYOBASHI」の文字が刻まれた。



大阪の京橋と言えば、飲兵衛で知らない人はいない立ち飲み屋のメッカ。

京橋の駅前に広がる道は、立ち飲みストリートとも言われ、京橋駅から徒歩1~2分の場所にたくさんの居酒屋が揃っています。

居酒屋とよ

屋台とも思える立ち飲み屋「とよ」。

屋外で立ち飲みするお店ですが、京橋では超人気の立ち飲み屋と呼ばれる、行列必須の有名店です。

夕方前には営業が始まるので、早く飲みたい飲兵衛には最高!何より驚くのは、新鮮で豪快な海鮮料理。
マグロの刺身やいくらの寿司など凄いボリューム!京橋駅北口より徒歩1分。

居酒屋 まるしん(丸進)

とても気さくな大将の人柄が魅力的なお店「まるしん」。
立ち飲みストリートの中でもレジェンド的存在で、超人気店!お店の外観はディープですが、入ればアットホームな雰囲気♪女性客でも入りやすいお店です。

京橋駅北口から徒歩2分。

昼間から大勢の酔客が、いい御身分です。

リバーカントリーガーデン京橋

マンションのエントランスは古いレンガ造りにして古代ローマのコロッセオや水道橋が再現されており、異国情緒が漂うどこか牧歌的で自然と古代ローマ時代の廃墟を融合させた“独自の絵画的な空間”が魅力。

地上36階から眺める景色は格別で、目の前で行われる天神祭りの花火大会を独り占め!

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

新京橋商店街 ビギン京橋


「ビギン京橋」の愛称で親しまれる新京橋商店街。
そのシンボルでありランドマークは、国道1号線沿いの入口に設置された「真実の口」。

ハロウィンを控え飾りつけをする店が増えています。

シャッターのデザインからしておいしそうなホルモン屋、昭和大衆ホルモン 京橋北店。
まだ開店には早かったみたい。

商店街はJR環状線、京阪本線、地下鉄長堀鶴見緑地線が乗り入れる京橋駅を基点とした大阪の副都心に位置するため、通勤・通学の通行量も多く、1 日に約 7,000 人の来街者で賑わう。おもしろさと便利さいっぱいの商店街。

ビギンホールは京橋の便利性を高める「多目的スペース」。

AV武装されたホールは各種機能を備えて、活用方法は無限大。

おいしそうなフグが泳ぐ店。

延長は約170m、通路幅は約5.4m、商店数は66店舗。そのうち飲食店が全体の3割を占め庶民の商店街として人情味あふれるサービスの商店街として発展を遂げてきた。

地魚屋台 とっつあん。

魚の干物がぶらさがっている、本物なんですね。

シャッター通りの異名を持つ商店街の中では頑張っている商店街だ。

空揚げやさん、何か脅迫めいた看板。

かつてこの地は、江戸時代には大阪から京都へ通じる「京街道」に面して店が軒を並べており、大名行列や商人、旅人でにぎわっていた。

大量のスルメが干されている。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

敬正寺


「敬正寺(きょうしょうじ)」(瓜破東5-5)は、浄土真宗大谷派のお寺。

「天神社」ゆかりの「道昭(どうしょう)」が、大化年間に開基した「永楽寺」遺跡とされている。

永楽寺の本尊五智如来(五輪仏)のうち2体の石像が安置されている。

右側の大きい方が大日如来で、左側が阿弥陀如来である。

豊かな頬をして落ち着いた像容から、制作年代は平安後期までさかのぼるものと推定されている。

大日如来には生駒山の花崗岩、阿弥陀如来は二上山の安山岩が用いられており、府の有形文化財に指定されている。

これら石仏は江戸末期か明治初期 に、近くの下の池の水を抜いた際に樋門の下から現れた五体の うちの二体で、残る三体はどうしても引き上げられず、今では埋 め立てられた下の池の土中にあると言われています。

大化年間(645~650)に道昭が創建した永楽寺は成本から瓜 破霊園までを含む寺域を持ち、その永楽寺の塔頭のうち、唯一 残ったものが敬正寺であると伝えられています。

当寺にも「瓜破」の地名伝承があって、旅に疲れて帰って来た「道昭」に、採りたての瓜を割って差し上げたところ、体調が回復して元気になったことから、「道昭」がこの地にお寺を建立したとされています。

左手、阿弥陀坐像は上部を欠損、高さ約80cm、幅約70cm、膝上で弥陀定印を組む。

悟りを拓いた様な穏やかな顔様、柔らかな曲線で重量感の有る体躯。

磨耗が進んでいるものの表情豊かな鎌倉前期の石仏です。

片や右手に置かれた大日如来石仏。

総高約120cm、像高約1m、閣閃石黒雲母片麻岩という難しい名の自然石表面に、中肉彫りで刻み出されている。

頭上に宝冠、結跏趺坐し、膝上で法界定印を結ぶ胎蔵界大日如来ですが、石材の黒雲母が邪魔をするのか顔容は詳らかではない。

その像容から平安末期の像立と云われ、阿弥陀石仏と共に府の文化財に指定されている。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

瓜破天神社


祭神は、素戔嗚命、菅原道真、平維盛。

瓜破の歴史を記録し唯一現存する船戸録(天文元年、1736記)によれば、 孝徳天皇の大化年中(645~649)当地に居住された高僧、船氏道昭が、 5月晦日三密の教法観念の折、庵室に光る天神の尊像が現れたので、西瓜を割って霊前に供えた。

道昭は朝廷に上申したところ方八丁の宮地を賜わり、この霊像を祭祀して当所の氏神と崇め奉り、西の宮又は方八丁の宮と称したのが当社の起原であると記されている。

これが瓜破地名伝承のひとつで、他に「空海(弘法大師)」が高野山を往復する際に村人が瓜を割って勧めたので、瓜破という地名が生まれたという説もあり、また、敬正寺にも別の伝承が残っている。

日露戦役記念碑

裏に故人5名を含む38名の氏名が刻まれている。
1906(明治39)年7月 中河内郡瓜破村大字□□有志者 建立。
発起人として村長・助役の名が見える。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!

新世界市場で奇祭「セルフ祭」


久しぶりに新世界市場へ、なんか催しをやっている、セルフ祭りってなんや。

シャッター通りと化している状況はどこも同じ。

ここはしかし何か目立って浮き上がろうとする活力が感じられる。
前回はユニークなポスター市場をお伝えした。

ニークなポスター市場 新世界市場
新世界市場の商店街をあげて盛り上げようと、このポスター展が企画された模様。 商店 … 続きを読む →


表現欲、参加性、祝祭性が、セルフ祭の基盤とか。

この人仮装して市場をひたすら往復している。

手作りのお面屋さん。

ここにも仮装して歩く人がいる。

ここは何か演じる場所なのか・・・・・・


現状を脱却しようとする努力は大したものだ、各地のシャッター通りも見習うものがあるかも。

関連記事


≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!